作品集-能面

HOME > ギャラリー > 作品集 - 能面

能面

白式慰 -hakushiki-jo- (翁面)

IMG.jpghakushiki-jo2.jpg

翁面は内容も用途も他の能面と全く違い神的なものである。大きな特徴としては切顎と飾眉である。口の両端を延長した部分で下顎を切離し、それを上部と飾紐で結んである。鼻柱は短いわりに鼻翼はどっしりと広がり、いかつさもあり実に堂々としている。目の彫りにも独特の工夫がある。雅びやかで上品であり、最も円満な福相をしていて祝言を述べるにふさわしい。
使用曲名 − 翁専用

肉式尉 -Nikushiki-jo- (翁面)

大きさや作りは基本的に白式尉とほぼ同じである。彩色等の違いにより品格に差をつけている。白式尉のほうがより地位が高くある。

IMG_0001.jpgNikushiki-jo2.jpg

黒式慰 -Kokushiki-jo- (翁面)

Kokushiki-jo.jpgKokushiki-jo2.jpg

ほとんど翁面と同じ様式である。しかし、翁面よりやや小ぶりで、彩色が黒く、眉毛が粗くさらに翁の唇の上下の鬚が白黒の毛描であるのに、こちらは植毛である。農耕の神として田に慣じんだ、庶民的でしかも強健さがどことなく感じられる。

使用曲名 − 三番叟

小 面 -Koomote-(女性面)

若い女性の代表であり、最も華やかなものである。小面の「小」は可愛らしい、年若である。あるいは優しく美しい事を意味する接頭語で、小さいと言う事ではない。額が広く顎が長く、目と鼻と口が顔の中央に集まり、肉付も豊かできれの長い目が印象的である。十六、七歳の処女らしい上流社会の女性である。

使用曲名 − 杜若、胡蝶 他

Koomote.jpgKoomote2.jpg

孫次郎 -Magojiro- (女性面)

Magojiro.jpgIMG_0005.jpg

女面でありながらのこの名称は、最愛の妻を亡くした金剛右京久次(別名 孫次郎)がその面影を忘れる事が出来ずに
面に写したと言われている。小面に比べると顔の道具だてが縦に広がり、頬の肉付がしまっていて臈たけた色香がにおうようである。小面を豊麗、若女を端麗とすればその中間の表現であろう。

使用曲名 − 熊野、松風、班女 他

若 女 -Waka-onna- (女性面)

小面と同じ内容である。しかし、その表情は額が広く、
顎が短く、目、鼻、口など顔の道具だては寸がつまって見える。
さらに頬の肉付もいくらか引き締まっているので理性的で
品位のある清楚な顔だちで、端麗さを感じさせる。

使用曲名 − 草子洗小町、吉野静、野宮

Waka-onna.jpgIMG_0005.jpg

万媚 -Manbi- (女性面)

Manbi.jpgIMG_0013.jpg

若女の三つを基本とし、若い女の類型面に濃艶さをもり込み、一つのあたらしい型を作り上げたものである。ただ艶を現す肉感的なものではなく、品位のある愛らしい面である。

使用曲名 − 殺生石前、紅葉狩前

近江女 -Oomi-onna- (女性面)

近江猿楽で使われていた面である。若い女面の多くが、高貴の女性らしく感情を内に秘めているのに対し、近江女は感情をそのまま外に表し、その上情の深い性格となっている。瞳の丸くする工作はたいへん古風であり、僅かであるが歯列上下にみえる
など、成熟した女の性的執念が十分に強調されている。

使用曲名 − 道成寺、紅葉狩、殺生石 他

Oomi-onna.1.jpgIMG_0015.jpg

増 女 -Zo-onna- (女性面)

Zo-onna.JPGZo-onna2.JPG

清高な品位があり、端正さを感じさせる。その美しさは、豊満な美しさでもなく、華麗なそれでもなく艶麗さでもない、神性としての内容をもっている。増女の工作の特徴は頬の肉付が引き締まり、全体的に細面である。その上目全体が窪んでおり、その幅もやや細い。口もともやや下がりめであり、老けめを表している。

使用曲名 − 熊野、班女、千手 他

泥 眼 -Deigan- (幽霊面)

目に金泥を塗った超人的存在の女面である。口の両端をやや後方に引き、しかも受け口気味上唇には金泥を施した歯列があり、さらに毛描も適当に乱れて、妖気の漂よう霊的にかなり厳しい相貌をしている。しかも、美しさと品のよさがある女の生霊面としてふさわしい。

使用曲名 − 葵上前、海人後

Deigan.jpgDeigan2.jpg

般 若 -Hannya- (般若面)

Hannya.jpgHannya2.jpg

女の怨霊を表わす面である。興奮状態を極度に示すように、額に二本の角が生えている。きんしゅくとしての眉間をしかめた眉の筋肉は庇状になって目を覆うばかりであり、その下にはもうきょうまくがみられない程大きな繭形の金具の目をむき出しにして横たえている。野獣的に深く切り込んで開いた口には、金具の歯列だけではなく牙さえ見える。
さらに大きな耳もあり、異質な激しい表情である。

使用曲名 − 葵上後、黒塚後、道成寺後

赤般若 -Akahannya- (般若面)

作り的には白般若とほぼ同じである。彩色等の違いにより、白般若、赤般若とわかれている。色の違いは品格や強さなどで差があり、「葵上」の後シテは身分の高い女性であるため、最も格の高い白般若を用いて演じられます。

Akahannya.jpgAkahannya2.jpg

真 蛇 -Shinjya- (般若面)

Shinjya.jpgIMG_0007.jpg

蛇(蛇、泥蛇、狐蛇)の中の最も蛇的なもので、般若の嫉妬の表現を、もう一つ極端にして、動物としての蛇体にしたものである。ひそめた眉間のきんしゅくも険しく、目の金具の塡入は般若に近いが、額や角にも血脈を掘り出し、眉も八の字型に描かれ、彩色も額をやや薄く、その他は濃い肉色にしているなど、凄まじさを強調している。ただ、額の毛描きに女性らしさを残している。

使用曲名 − 道成寺後

中将 -Chujo- (男性面)

六歌仙第一の人で、在原業平の相貌を写したものである。下瞼が彎曲し眦(まなじり)がややつり上がり、どっしりとした鼻柱を
もっているのに、口の両端の彫りや下の歯列を欠いている所に王朝の貴公子らしい優雅さがある。毛描やお歯黒などに、貴族らしい繊細さが目立つ。眉間のきんしゅくが大きな特徴で秀麗な表情の中に一抹の哀愁を感じさせる。

使用曲名 − 雲林院後、小塩後、絃上後 他

Chujo.jpgIMG_0017.jpg

喝食 -Kasshiki- (男性面)

Kasshiki.jpgIMG_0019.jpg

禅寺の食堂で献立を披露したり食事の合図を司る十二、三から十六、七歳までの少年の役名である。額に描かれた前髪と頬の可愛らしい笑窪、眉をつり上げているのが特徴である。まだ飾りを落としてない半僧半俗の少年であるので黒々とした髪から前髪を下げている銀杏型とお河童型と二種類ある。

使用曲名 − 枕慈童、東岸居士、自然居士

不 動 -Fudo- (神体面)

不動明王の尊顔を写した面である。顔面青色で頭髪は茶色、それに八髻である。目は両方とも開き、口も大きく開いて二対の歯牙も見え、その奥から舌をみせている。顔全体はほとんど左右対称であり、仏典の経軌には当てはまらないが、悪魔降伏の偉力を表している。

使用曲名 − 調伏曾我後(国栖白頭)

Fudo.jpgFudo2.jpg

大癋見 -Oobeshimi- (鬼畜面)

Oobeshimi.jpgIMG_0021.jpg

天狗魔性のたぐいの面である。丸みのある大きな下顎を前に突き出し、その中央に真一文字に結んだ唇の線が両端で持ち上がり気味に彎曲している。「べしみ」とはこの口もとを指す、「へしむ」の名詞形である。太々と描かれた眉毛、まゆ型を横にした金具の眼球の輝き、顔の中央に鼻翼を膨らまして堂々と位置する鼻。溝状の皺や鼻の穴にまで濃い朱を流しているので、内から外に向って力強さを表している。

使用曲名 − 大会後、鞍馬天狗後、車僧後 他

猩々 -Syojyo- (専用面)

童子と同じく少年を象ってはいるが、酒に浮かれて戯れる朗らかな妖精である。酔っている為満面朱をさすの言葉通り、赤く彩色され、彎曲した目と口もとに微笑みをみせて、いかにも目出度さを強調している。額の長くて細い水に濡れたように表現されている毛描も、海中に棲むという伝説通りである

使用曲名 − 猩々専用

Syojyo.jpgIMG_0023.jpg

弱法師 Yoroboshi- (専用面)

Yoroboshi.jpgYoroboshi2.jpg

家を追われ悲しみゆえに盲目となってしまった少年の面である。左衛門尉通俊の子である俊徳丸は讒言により家を追い出され盲目となり乞食にまでなってしまう。少年面のため全体的に少し丸みもあり、瞼を閉じ、俯いた表情が大きな特徴である。彷徨って生きる様子から頭髪の乱れなどが強調されている。この面からは少年の純粋さ悲しさ多感さを感じとる事ができる。

使用曲名 − 弱法師

獅子口 -Shishiguchi- (鬼畜面)

獅子そのものの面で、悪魔払いの性格をもつ。鋭い目に口を大きく開いた強い表情で、「獅子吼」を具象化している。口中の真紅に対し、全面を金泥に彩色し、大きめなきんしゅくと、目も大きな金具であり、口にも金具を塡入した上下歯列がみえ、かなり大きい牙が突き出す。目と口とに挟まれた鼻翼も横に大きく広がっていて力強い。

使用曲名 − 石橋(しゃっきょう)専用

Shishiguchi.jpgShishiguchi2.jpg