新庄まつり

HOME > 新庄まつり

新庄まつりとは

■新庄まつりの起源と歴史

天満宮.jpg

毎年8月24日~8月26日の3日間にわたり開催され、37万人の人出ににぎわう当まつりは、歴史をたどると江戸時代の宝暦5年(西暦1755年)にさかのぼり、実に250余年の伝統と文化凝縮されております。

当時新庄藩の五代藩主であった戸沢正諶(とざわまさのぶ)公が、冷害による大飢饉に見舞われ死者が多数出たため、領民の士気向上と五穀豊穣を祈願するのに、翌宝暦6年(1756年)、戸沢氏の氏神である「天満宮」の祭礼を行うように命じたのが新庄まつりの起源とされています。

その当時は、城下の領民が家にあるものを持ち寄って台に飾り、町を練り歩いたのが原型でしたが、現在のように「日本一の山車行列」といわれるようになったのは、昭和の初めに新庄山車連盟が結成されたのを機に絢爛豪華になっていったのがきっかけです。

■新庄まつりの特徴

8月24日の「宵まつり」

町内の若連が夜の時間や休日を使い、約1ヶ月余りを費やして作り上げた「山車」が、子供たちに引かれて動き出します。歌舞伎の名場面に照明が入ると最早ファンタジーの世界!そして、新庄駅前の「アビエス」に向かい巡行が始まるころ、クライマックスに突入します。

DSC_7855.jpg

DSC_7802.jpg

DSC_7861.jpg

DSC_7884.jpg

8月25日の「本まつり」

24日の「宵まつり」とは打って変わり、「下におろう。下におろう。」の先払いの声のもと、神輿が町を練り歩く心身な儀式となります。神輿に続いて山車も夕方まで新庄市内壱円を練り歩きます。

DSC_8320.jpg

DSC_8328.jpg

DSC_8335.jpg

DSC_8344.jpg

8月26日の「後まつり」

前日までパレードを展開した各町内の山車が、中心市街の勢揃いし、囃子若連も参加して囃子の演奏を行う。各町内若連が精魂込めて作り上げた山車をじっくりと眺めたり、また一緒に記念撮影をしたりできる他、囃子若連の演奏も聴き比べることができる。踊り手が鹿に扮して踊る鹿子踊(ししおどり)は岩手全域でみられますが、カモシカを模した鹿子踊は新庄だけです。

DSC_8902.jpg

DSC_8908.jpg

DSC_8970.jpg

DSC_9173.jpg

■野川家の関わり

securedownload.jpg初代の野川北山は山形県尾花沢市で生まれ、東京で修行を積んだ後、地元で彫刻家として活躍するとともに、文楽人形や人形芝居に使う劇人形の制作も兼ねておりました。その人形の評判を聞いた新庄の方々が尾花沢に訪ねてこられて、「新庄まつりの人形制作を手がけてほしい」と依頼されたのが、新庄まつりに関わるようになったきっかけとなります。

「新庄まつり」の約250年という長い歴史のなかで、実に半分以上を野川家が人形師として関わらせていただいています。

初代のころは人形を各町に販売していましたが、新庄まつりの山車の出し物は毎年内容が変わるため、人形を毎年購入すると各町の負担が大きくなりすぎるということで、途中から人形を貸し出す形に変更となりました。現在、山車を出す町は20町ありますが、すべての町で野川家の人形を使っていただいています。